傷害損害計算表 Personal Injury Calculator
トラフィック Traffic

傷害損害は事故や不注意により引き起こされます。「事故」という意味合いには交通事故、家の中、その周りでの事故(大工作業中など)、医療ミス、スポーツ中の怪我、職場や学校での怪我などが含まれます。

時によってはこのような傷害損害は保険会社などの他者を通して請求され、全額一括支払いで支払われます。この金額は、数年単位の周期において事故の被害にあった場合、あわなかった場合の状況差を比較した上で計算されます。

従ってこの傷害損害計算表は、1年単位で事故の被害を受けた場合と受けなかった場合での収入と支出面での差を比較し、損害額を計算します。そしてこの計算表はそれぞれの年の損害額を加算した上、総合額に相当する損害額を算出します。毎年繰り返し派生する潜在性のある損失額は当然ながらこの計算には組み入れられません。同様に被害損失額はこのようにして算出された数値を基に計算する必要があるのです。 この計算表は1年単位の損害額と、事故の後にも引き続き派生し続ける被害額との関連性をそれぞれ別々のグラフによって示します。

詳細については下記の使用説明(のタブ、あるをご覧下さい。

計算に使用される年数:
事故当時、及びその後の状況:
本来の収入:新たな収入:
本来の支出:新たな支出:
インフレ、利子、税金の比率:
インフレ率:利子率:
財産税率:利子にかかる税金(%):
 
x年からの状況: 本来の収入: 本来の支出: 新たな収入: 新たな支出:

損害額総計:     
 
の所もご参照ください。

データ入力

  • 計算に使用される年数のフィールドに計算対象となる年数を入力します。
  • 開始状況として、事故直後の収入と支出を新たな収入新たな支出のフィールドに入力します。
  • 開始状況として事故直前の収入と支出を本来の収入本来の支出のフィールドに入力します。
  • インフレ率と利子率を入力します。
  • 財産税率のフィールドに税率、そして最後に利子率を入力します。
  • あなたの貴方の収入と支出はあなたが長生きすればする程、事故にあったかあわなかったかに関わらず変化します。年金支払い開始後の変化がその一例です。この余分な格差は(+)ボタンをクリックして新しい列を加えて入力できます。
  • 最後に計算ボタンをクリックします。こうして得られる結果が損害額総計です。このケースではテキストの後の部分に損害額総計という表示が現れます。
  • 計算終了後にグラフのタブをクリックすると、2つのグラフが表示されます。最初のグラフは毎年の損害保険の残余額を、2つ目のグラフは毎年の損害額を表しています。
  • 入力データ保存のボタンをクリックすると入力データの保存や新たな時期を対象とした計算ができます。ブラウザーに新たな画面が現れますので、そこにブラウザーから(Save As)で保存します。 この保存内容は後にHTMLから入力のタブの所のフィールドにペーストする事ができます。そしてこの最後のタブの所の計算表に記入のボタンをクリックし、保存してあったデータをもう一度読む込むことができます。

この計算表はHTMLコードを使ってのデータ入力もできます。以前に出力してあったHTMLデータをコピーして下のフィールドにペースト、そして計算表に記入のボタンをクリックします。