カバードコールオプションCovered call option
投資 Investing

取引シミュレータを用い、後々一定の値段で買い戻すオプション付きで購入した株収益率を計算する事ができます。

2009年4月5日にあなたが100株を一株10ユーロで買ったとします。あなたはMadoffがあまり成功しなかった事を達成したいと思っています。それは安定して継続的な収益を得る事です。ですからあなたは同日にこれらの株に11ユーロで買い戻しのオプションを導入しました。このオプションは1年間有効です。このオプションは一株につき1.4ユーロです。

2009年10月10日にこの株価は11ユーロに値上がりしました。益々株価が上がり損をする事を懸念したあなたは一株1.35ユーロで買い戻しを行うことにしました。想定価格の損額分は価格上昇分で中和されました。

2010年2月23日に株価は更に12ユーロに値上がりし、あなたは株を12ユーロで売ることにしました。

この下のデータをHTMLから入力のタブ内にカット/ペーストし取引シミュレータの計算表に記入ボタンをクリックして入力できます。

このシミュレーションにより現金残高がオプションの買い戻しによってマイナスになる事が明らかになります。従って最終的に借方利子を加える必要があります。この操作は金利を入力ボタンを使って行います。

880ユーロの期首日の残高の代わりに0を記入して計算を行う事もできます。この場合には株とオプションの購入日を開始日の前日にセットします。

この計算例では取引費と隠れた費用の入力/結果が表示されていますが、これはスプレッド(ビッド(買い)とオファー(売り)との差額 )があった為です。この費用は得られた収益に対してかなり高めのものとなっています。