私のお金はあとどの位もつでしょうか?When will I run out of money?
例 Examples

これは物価スライド制見積もりの年収計算表を用いた計算例です。この計算表のもう1つの使用例はインフレ及び生活保護見積もりの年金の価値の計算です。

あなたが200000ユーロ持っていて、このお金で後どれだけ生活して行けるかを知りたいとします。このお金は銀行に預けてあり利子は4%、インスレーションは2.5%です。あなたのひと月の生活費は1500ユーロでこの額はインフレーションと同様に上昇します。

フィールド入力する説明
現在価値:200ここに開始資産額を記入します。
利子 (%):4ここに資産から派生する利子を入力します。この利子の値はこの下にくるインフレ率よりも高くなければなりません。
定期入金額:1.5ここに月々の生活費を入力します
期間:この欄に何も記入しないと支払い期間を計算することが出来ます。
物価スライド制による入金額 (%)2.5ここの生活費の前の部分にインフレ率を記入します。この率は金利を下回っていなければなりません。

最後に計算をクリックし、あなたのお金でどれだけの間生活できるかがこのページの下に表示されます

どれだけの金額があれば永遠に生活していけるか、というのは興味深い質問です。それではあなたは自分が生活してけるお金をお持ちでしょうか?あるいはあなたが亡くなられた後にあなたのお子さんや、お孫さんが生活しけるだけのお金はお持ちでしょうか?それを計算する為には計算表の現在価値の欄が空白の状態で計算を行います。支払い期間の部分にはいくらでも大きな値を入力できますが、そのかわりに0を入力する方が良いでしょう:この計算表は、支払い期間の欄に0を入力した場合には数えきれない程長い年数を対象に計算を行うように出来ています。この前の計算と同じように、インフレ率の値は利子率よりも低くなければなりません。