インフレに対応した年金Inflation proof pension
貯金 Saving

年収計算表を使いインフレ対応式の年金や障害保険、その他の物価スライド制の保険 現在状況を計算できます。この計算表のもう1つの使用例は一定の金額でどれだけの間生活できるかを計算する方法です。

あなたはこの先20年は年金で生活できると見積もっているとします。更に年金は一年に約2%の割で値上がりするものとします。この場合には以下のデータを計算表に入力する事により年金額を計算できます。

フィールド入力する説明
現在価値:この価格を計算したい場合にはこの欄には何も記入しないで下さい。
利子 (%):6この欄に市場金利を記入します。この利子率は下に記入する入金額のもとずく物価スライド制の利子よりも高くなければなりません。
定期入金額:1200ここに月々の年金額を記入します
期間:12*2020年は12x20ヶ月として数えます。期間に0が記入されている場合は期間が莫大であるという意味です
物価スライド制による入金額 (%)2年金の年間上昇率。この比率は金利率よりを下回っているものでなければなりません。

.あなたがご自分の年金現在価値を毎年送られて来る報告書等でしっている場合、あなたは自分の残された平均余命に適した利子率を計算する事ができます。現在の年金の価値を入力し、利子率の欄にはなにも記入せずに計算をおこないます。

自分の年金を自分で蓄えている方々は、引退後毎月どの位迄お金を使えるのかという事だけを知りたいものと思われます。この場合には現在価値の部分に今迄に蓄えた額を入力し、定期入金額の所を空白にして計算します。