物価スライド制見積もりの年収の計算表Annuity calculator with indexation
貯金 Saving

次の計算表は一定の率で毎年値上がりする定期支払い額に適応した年収フォーミュラに基づいたものです。このフォーミュラは利子と値上げ率に基づき、物価スライド方式で行われる将来の一連の支払いと現在の支払いとの関係を示します。この計算表は他の4つの要素を取り入れ、現在の見積もり、一連の支払いの期間、支払い周期、利子、又は物価スライド制(インフレーション)の上昇率などを計算できます。4つのフィールドに記入し、1つは空白の状態にしておきます。

このような計算は退職金、扶養料や(生命)保険料などの算出をする際に使用されます。使用例については以下の例をご覧下さい。

現在価値:
利子 (%):
定期入金額:
期間:
物価スライド制による入金額 (%):
計算済み価値:
.

与えられた計算期間が一年ではない場合には、計算価値は出来るだけ正確な数値に近い値を求める事とします。この計算は期間が短ければ短い程、あるいは利子額が低ければ低い程正確さが増します。さらにこの計算は物価スライドよりも利子が高い場合にのみ正しく行う事がかのうになります。