異なった距離での騒音レベルSound level at a different distance
聞くと視力 Hear and see

一定距離からの測定に基づいたポイントソースの騒音レベルを、異なった距離で計算します。

この計算表は土壌、障壁、音の跳ね返り、風や大気の効果を考慮に入れていません。

この計算表は長距離に置ける音の衰退は考慮に入れています。基準の衰退係数としては大体1メートルにつき0.0003*10dB、これは騒音レベルが10-0.0003 rの割合で減少するという事です。この因数上のrは音源からのメートルでの距離です。

.従って0.0003は空気の分子の摩擦により減少する音のBelの値です。この要素は騒音の頻度ともに増加し,順応していきます。

計測された騒音レベル (dB):
測定の際の距離:
計算に使用する距離:
消散係数(10dB/m):


計算音レベル: