投資信託会社の経費Costs Investment Fund
投資 Investing

一般的に投資信託会社は一年分の総経費を資産管理者に報告します。調査によれば これらの経費は投資家達が年内に得る資本利得の重要な要素となっています。従って投 資を行なう前に投資信託会社がこのような隠れた経費を抱えているかどうかを調査する 事は重要な事です

信託会社の資産取引を行なう際には経費が生じる事が多いのですが、一般に年間の 経費として報告されないケースが多々あります。ですからこの計算表を利用すれば、投 資取引経費も含めた信託会社の年間の総経費の見積もりが出来る訳です。取引経費は取 引手数料とスプレッドから成り立っています。スプレッドとは買い呼値と売り呼地の差 額の事を示します。

投資信託会社経費計算表の使い方

  • 最初のフィールドに年間の総経費の比率をパーセントで記入します。信託会社は 頻繁にこの比率を総合経費比率として発表することが良くあります
  • 次にこの信託財産のうち毎年取引される資産の比率を入力します。この比率は良 く売り上げ比率とも呼ばれます。全ての信託会社がこの比率を公表する訳ではあ りませんが、優れた信託会社はよく公表するものです。
  • 最後に計算ボタンをクリックします
  • 三番目のフィードは取引経費ファクターです。このファクターは取引経費を見積 もる際の基準となります。この見積もりは取引経費を一年を通しての資産の取引 と取引経費ファクターによる生産物として扱います。このHPが制作された時点で は0.008が大半の信託会社にとって適当なファクターという事になっています
  • この下の計算結果は投資信託財産に関連する全経費の見積もりです:この経費は 投資家が支払う経費に投資信託会社が取引を行なう際に派生する経費を加えたも のです
経費(経費比率、%/年):
取引資産(%/年):
取引経費ファクター:
総経費見積もり(%/年):